大阪の整体スクールでは、姿勢改善のためのヒミツを公開中。

姿勢・痛みの改善法

こんにちは。スリーバランスアカデミーです。

 正しい姿勢が続くカギは、足ウラにあった。

ひとが2本足で立つとき、全体重を受け地面と接する場所は、

足ウラですよね。足の上に体がないと倒れてしまう。

なので、倒れないために足ウラのゆがみは、カラダ全体に影響してしまう。

このゆがみが、普段のゆっくりとした歩行や、急いで走るときによって、

足首や、ひざ、腰などの痛みや不調の原因になるんです。

歩くと体重の1.5倍、走ると体重の3倍、

ジャンプするとなんと5倍が足にかかるそうです。

だから、足のウラには、とっても大切な機能があります。

大切な機能とは・・

足のウラには、あなたもご存じかと思いますが、

縦アーチ、横アーチがありますね。

よく「土踏まず」といわれているところが、

内側にある縦アーチのこと。

足のアーチは、足の骨を保持して、

上に乗っかっているカラダを安定させるための礎となります。

ちょうど橋の形も同じアーチ状ですね。

また、クッションとしての働きも非常に重要で、

ジャンプしたり、走ったりするとき、

足が地面について体重が加わったときは

着地の衝撃を吸収し、足部やひざ関節、

腰への負担を軽減するクッションの役割を担っているんです。

理想的な足ウラの形

あなたは理想を常に追い求めたくなりませんか?(笑)

理想的な足ウラとは、

足の内側縦アーチ、外側縦アーチ、横アーチがあることです。

例えば、ちょっと崩れた使い方で偏平足、浮ゆび、外反母趾、

足底腱膜炎など、障害も、変形も簡単に起こってしまいます。

変形が起こると、体重を上手く分散できないので、

さらに足の骨に体重がかかりすぎることになります。

歩き方にも大きな影響を及ぼしてしまいます。

そうならないために、役立つ知識をしっかりと身につけましょう。

変形というと代表的なものに、「O脚」「X脚」といって、

ひざの関節変形がありますね。

実は恐ろしいことに、足の変形から、

ひざ関節への変形へとつながっている場合もあります。

なぜ、ひざにまで変形が起こるのか?

カラダは頭から足先までつながっていますよね。

動作をするとき、変形などがあると理想的な動きができない。

すると、カラダは少しでも理想的な動きに近づけようと、「代償動作」をします。

この代償動作をすればするほど変形が生じたり、痛みが生じたりしてしまう。

なので、代償動作がどの時に出て、

なぜそれをするのかを分析する必要があります。

その見る目を持てるかが、大切なんです。

姿勢には重力が影響している。

代償動作を見る前に、必要なことがあります。

なにか解りますか?・・・それは、正常な動作。

人が動くために必要なことを知る必要があります。

その大前提として、僕たちは地球にいることです。

なぜかというと、地球には重力が働いています。

これが、当たり前になっていて気づかない。

ちょうど生きていく上で必要な空気のような存在。

この重力をもう一度しっかり意識しておく。

リンゴは木から落ちるのです。

人って、お母さんのお腹から産まれてきます。

すると、すぐには立てません。

赤ちゃんの発達の仕方をご存知ですか?

手足をぶらぶらさせて、寝返りをして、うつ伏せ、

ハイハイ、高バイ、つかまり立ち、そしてヨチヨチ歩き。

なぜ、このような、過程を踏むのかと言うと、

重力に立ち向かうためです。お母さんのお腹の中では、

羊水という水の中で、浮いてます。

それが、産まれた瞬間から、重力にさらされるのです。

いきなり歩くことはできない。

動物の赤ちゃんたちは、産まれてまもなく、

自力で立つことができます。

テレビなどでよく見かけますよね。

生まれたての子鹿・・みたいな。

動物は弱肉強食の世界。時間をかけていると、命を狙われるのです。

この重力に対してしっかりと立つことを、抗重力活動と言います。

理想的な姿勢とは

そして、この重力に負けない姿勢が、とっても大事。

頭から、足先までまっすぐ立てると、傾かなくて、疲れにくい。

ところが、猫背など、曲がったところがあると、すぐ疲れてしまう。

目安は壁にもたれてかかと、おしり、背中、頭がつくかどうか?

今すぐ壁にもたれて立ってみて下さい。

頭がつかない方が多いと思います。

なぜなら猫背だから・・・

背中が丸まってて、頭が前に出ているからなんです。

理想的な姿勢とは重力に負けない姿勢なんです。

そのために、カラダはさまざまなカラクリを駆使して、

重力から姿勢を維持し続けようとしているのです。

足ウラは繊細である。

足ウラの感覚って本当に繊細に出来ています。

例えば、1ミリ程度の小さい石ころでも、

靴の中に入ると敏感に感じてしまい、

不快な気持ちになりますよね。

すぐにでも靴を脱いで、取り出したくなりますよね。

取り出した後に、すっとはいた瞬間、まだ残ってたらまたまた不快になる。

もう一回ていねいに石ころを出しきって、今度はと、はいた瞬間の爽快感。

スッキリしてたまりませんよね?

これぐらい足の感覚は繊細に出来ています。

なので、足のケア、ストレッチなどお手入れは大事にしていきたいですね。

 

まとめ

さて、いかがだったでしょうか?

今回は、姿勢のヒミツにについて

お伝えしました。

重要なポイントは足にありましたね。

意外と見落としがちな所です。

自分の姿勢を注意することは

意外と難しいです。

身近な方から言ってもらう方が

意識しやすいかもわかりませんね。

 

 

■こちらの記事もおすすめです!

>>>【【大阪の整体スクール】整体師は将来性のある仕事!

整体ランキング

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました