ブログ

こんにちは、
スリーバランスアカデミーです。

今回は、整体師の養成講座で学ぶことは?
についてお伝えしていきます。

整体師にご興味のある方はぜひお読みください。

養成講座で学ぶこと①

はじめに、人間の体について学びます。

講義

さまざまな学問ができ上がっています。
例えば、

  • 解剖学
  • 生理学
  • 運動学
  • 病理学
  • 体の構造と仕組み
  • 病態学

など、たくさんあります。

しかし、全てを学び終えるのには相当な時間がかかります。
まずは、全体的なことを学びつつ、深めていきます。

医学部でも6年間に及ぶ知識・技術の修得時間があります。

どこに、時間をかけるかによっても
変わりますが、それぐらい体を知ることは
大切です。

養成講座で学ぶこと②

知識を学びながら、施術の方法を学びます。

施術

ここが大きなポイントで、
各整体師養成学校によっては、
さまざまな考え方の
施術があります。

  • 整体法
  • ストレッチング
  • 運動療法
  • 調整法
  • ○○法
  • ○○手技

など、各学校、各先生方の想いが詰め込まれています。
素晴らしい技術に巡り合うことも楽しみの1つですね。

まだ、世に広がっていない手技もたくさんありますよ。

養成学校で学ぶこと③

整体師は接客業にもあたりますので、
お客さまとの関係性づくりも大切です。

コミュニケーション能力や接客能力、
いわゆる人を不快にさせない、人間としてあるべき姿。

といった、人となりを大切にすることも
学ぶことができます。

いくら素晴らしい技術を
持ち合わせていても、
人と接していく職業であるため、
人との関係性づくりができていないと
せっかく働いていても、ズレが生じます。

学ぶ前から、ある程度は
培われてきているのですが、
改めて学ぶことをおすすめします。
また、整体師養成校によっては
学ぶ機会がなく卒業してしまう
こともあります。

知識・技術はもちろんなのですが、
この人間性とも言うべき大切なところは、
是非学んでほしいところです。

改めて学ぶことによって、
気づきや、成長が大きく感じられますよ。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、整体師の養成講座で学ぶことは?
についてお伝えさせていただきました。

せっかく学んだ知識、技術でお客さまに
よろこんでいただくには、やはり人としての心、
思いやりが非常に大切だと感じています。

自分だけを観るのではなく、
相手のことを思った言動、行動ができる
整体師になっていただきたいと思います。

学びはじめは、どうしても、知識・技術に走りがちですが
立ち止まって、自分を俯瞰する。
そうすることで見えてくるものがあります。

そこに気付くことができれば、
りっぱな整体師になれることでしょう。

是非、整体師になって、
体の不調で困っている方の
お役に立っていただければと思います。

コメントは受け付けていません。

月別アーカイブ

大阪府枚方市南楠葉1-13-5 サウスコート103 MAP
TEL 0120-867-358
営業時間  10:00~20:30/日祝10:00~18:00